2019年9月以降配布譜面のレベル指定基準に関する指針

経緯

K-Shoot MANIAのレベル(難易度)指定の基準は、これまでINPUT GATEの譜面における基準(2013年に作られたもの。以下「K-Shoot MANIA基準」と表記)を参考に指定することが基本的に推奨されていました。 しかし、実情としてはいくつかのレベル指定に関する指標が乱立しており、混乱のもととなっていました。
今後の混乱を避けることを目的に、レベル基準を現在多くのユーザーに有力とされている基準に統一するための指針を提示します。

新基準の「K-Shoot MANIA基準」との対応

新基準は以下のように対応します。 新基準の「K-Shoot MANIA基準」との対応

既存の配布譜面に関する推奨される対応

既に「K-Shoot MANIA基準」でレベル指定された譜面パッケージ等を公開されている方は、可能な範囲で以下のいずれかの対応をされることを推奨します。
  • 配布ページ等に、レベル指定が旧K-Shoot MANIA基準である旨の記載を追加する
  • あるいは、譜面データのレベル指定のみを新基準に変更した「レベル指定 新基準対応版」を公開する

INPUT GATEに関する対応

INPUT GATEの譜面のレベル指定に関しては、以下の対応を行います。
  • 2019年10月までを目処に、既存譜面のレベル指定を新基準に順次修正
  • 今後新たに公開される譜面のレベル指定に関しても、新基準を採用